ギャラリーカフェ・ジョルジュ × 劇団東京イボンヌ コラボレーション

「ギャラリーカフェ・ジョルジュ × 劇団東京イボンヌ コラボレーション」

ピアニスト原田緑のピアノコンサートと、劇団東京イボンヌの3作品を短編にしてお送りいたします。
祖師ヶ谷大蔵にあるカフェ・ジョルジュ。アットホームな雰囲気の落ち着いたカフェで音楽と演劇のコラボレーションが実現しました。お茶やお酒、美味しい食事を召し上がりながら、ピアノ演奏と演劇をお楽しみください。

【会場】
ギャラリーカフェ ジョルジュ

【タイムテーブル】
4月18日土曜日 14時開演 18時開演
4月19日日曜日 13時開演 17時開演

プロデュース 森真弓
作・演出 福島真也

【出演】
後藤啓吾
加藤亜美
橋詰龍
葉月美沙子
原田緑(ピアノ)

【演目】

・原田緑 ピアノコンサート

・「無伴奏~消えたチェリスト」
過去に生きる男と未来を見続けた女。
長野の山奥深いペンションに世界的なチェロ演奏者がやってきた。
彼女は12年前のアルバイトであり、オーナーの「3ヵ月限定」の恋人であった。
「住む世界が違うの。ここいにる3ヵ月だけ。それでもいいの?」
気まぐれにアルバイトで来た貴子、ここでの生活しか知らない圭。そして3ヵ月が過ぎ、彼女は去った。未来を見続けるために。圭はその過去だけで生きようと思った。
そして12年後、突然貴子がやって来た。

・「酔いどれシューベルト」
シューベルトは酒場にいた。そこで天使と悪魔に出くわすことになる。
悪魔の魅惑的な提案と、それを阻止しようとする魅惑的な天使。その間で揺れ動くシューベルト。そんなある日、悪魔が出した条件は、美しい曲をプレゼントする代わりにシューベルトの寿命を縮めるものだった。シューベルトの下した決断とは・・・・。

・「ショパンの馬鹿」
ショパンは覚悟を決めた。今夜こそジョルジュサンドと別れると。 今、別れなければいつかあの肉食獣ジョルジュサンドに食い殺されてしまう。自意識過剰のショパンが繰り広げる命がけの駆け引きが始まった。果たしてショパンの運命はいかに・・・。

【チケット発売開始】:2020年3月18日

【チケットお申込み方法】
crjys504@yahoo.co.jpまでメールをお願いいたします。

件名:チケット予約
本文①お名前②フリガナ③メールアドレス④お電話番号⑤ご希望日、開演時間⑥ご希望枚数
受付完了の返信をもちまして、予約完了とさせて頂きます。

【お問合せ】crjys504@yahoo.co.jp

【劇場】
〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷3-36-29佐藤ビル2F
小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅徒歩2分
TEL:03-6411-4333

【協力】
ギャラリーカフェジョルジュ、ケイエムシネマ企画、さながら、

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る