二期会 ソプラノ 菊地美奈さん

オペラ団体、二期会のソプラノ、菊地美奈さんのコンサートに行って参りました。
紀尾井ホールにて。
素舞台。
キャパ500くらいか。ほぼ満席。
照明、簡素。
演劇なら間違いなく死ぬ。…
しかし、3名の歌い手、ソプラノ、テノール、バスの歌だけで2時間、魅了し続ける。
おかしい。どうにもおかしい。
最初、私はこれは、どういう現象かということだけで、思考停止に陥っていた。
声楽家の力といえばそこまでだが。
演劇なら間違いなく死んでいる状況なのだ。
しかし3人の声楽家は観客を魅了し続けた。
結論は、「個の力」に尽きる。
それぞれ3名が圧倒的な歌唱力、人間力で圧倒したのだ。
言葉を選ばずに言う。
やりたいなら誰でも出来る演劇との抜本的な違いを見た気がした。
私も含めて。
一流音楽家たちの「素養」を見た気がしたのだ。
幼い頃からの環境の力、現在進行形で、常に芸術のど真ん中にいられる強さ。
そして、今日は良い日になった。
恐らく、東京イボンヌにとって、良い日になったと思う。
大きく舵を切る日が、遠からず来るだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る