【俺の兄貴はブラームス 稽古場レポ♬】

こんばんは。
東京イボンヌ・作編曲 / 音楽監督の小松真理です。

「俺の兄貴はブラームス」
幕が開くまで一ヶ月を切りました!!

GW中に、演奏メンバーも稽古に合流し、融合の手応えを感じて参りました!!

今回の舞台の演奏隊をご紹介します(^^)/
まず、木管
フルート(ピッコロ) 3名
オーボエ 1名
クラリネット 2名
ファゴット 1名
サックス 1名
で、お届けします♬
木管楽器は、シングルリードだったり、ダブルリードだったり、と発音する為の楽器の構造が異なる為、彩り豊かな響きを構築する事が出来ます。

次は、金管
ホルン 1名
トランペット(コルネット) 1名
テューバ 1名
で、お届けします♬
金管楽器は、マウスピースで発音し、何といってもパワーがあります。3人ですが、木管全員に負けない音量が自慢です。

そして、弦楽器
ヴァイオリン 3名
ヴィオラ 1名
チェロ 1名
コントラバス 1名
で、お届けします♬
弦楽器は同じヴィオロン属で、ホールでの響きととても相性の良い楽器です。
コントラバス奏者を父に持つブラームスの弦の響きは格別です。

今回は生SEも担当する打楽器
稽古場で必ず笑って頂ける「あの曲」は打楽器無しでは語れません、、

そして、舞台に大きく陣取るピアノ
ピアノチームはトリプルキャストでお届けします♬

ゲストを含めた総勢6名でお届けする声楽
これこそ、融合!! ゾクゾクする事間違い無しです♬

私たち演奏メンバーは、オケピでは無く、舞台上から演奏をお届けします。
稽古場写真は主演の「いしだ壱成」さんTwitterより♬

出演者一同、良質の時間をお届け出来る様、尽力して参ります!!
どうぞお楽しみに!!

もう、満席の回もございますが、
☆ご予約はコチラです☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る