【初稿を出演者に配る】

fukublogheader

ただいま、全出演者、スタッフに初稿を配って自由に批評、感想をもらっています。面白いことに、みんな、言うことはバラバラですが、「核」となる指摘はほぼ集約されてきています。
なるほどね、と思わず膝を打ちました。
客演さんに初稿を配って批評してくれ、なんて台本書きはあんまりいないでしょうね。笑
あえてね、あえてやりたかったの、これ。
ううん。突然、やりたくなったのかな。
もう少し耳を澄ませたら、また私の世界観を突き抜けたいなと思います。

それにしても創作は面白いね。
今、この世に存在していないものを存在させるんだからね。
心技体、ひとつの欠けも許されない。心が脚本。技が演出。体が役者。
この役を誰が演じるんだろうとか、考えるとわくわくする。
ふう。息を吹き込みたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る