ちぃと桜とクラリネット

こんばんは!
本日のイボンヌブログは、♪パパからもらった〜でおなじみクラリネット奏者の、ちぃこと宝地戸千秋(ほうちど ちあき)がお送り致します(^o^)

そろそろ名前は覚えて頂けましたでしょうか…??(笑)

そんなわたくし、
イボンヌ内でも、
ちぃ
ちーちゃん
千秋先輩(笑)

と呼び名が浸透していってもらえていて、嬉しい限りです♪

そしてそして、
やっと、やっと!桜がきれい〜な季節になりましたね(´ω` )

春は出会いと別れの季節。

しかし今年の春は、私にとって出会いの方が多い!

そして広いようで狭い音楽の世界、びっくりする事も多々、身の回りで起きております!

そんなこんなでもうかれこれ私は13年くらいクラリネットとお付き合いしているのですが、
クラリネットの歴史って結構長い。
どのくらいかって、あのモーツァルトが愛した楽器=で有名なくらい。

種類も豊富で、高音の物から低音の物まで、ザッとよく使われる物を並べただけでも、

Es♭クラリネット
B♭クラリネット(一番メジャー)
Aクラリネット(オケでよく使われる)
アルトクラリネット
バセットホルン(ホルンじゃない)
バスクラリネット
コントラアルトクラリネット
コントラバスクラリネット

こんだけあります。
コントラなんて、座って吹くと余裕で座高より高い。
クラリネットとは思えないブリブリしたイカツい音がします。

一人で吹くも良し、デュオも良し、数人集まって吹くも良し、全部の種類のクラリネットを使うとまもなく豪華なクラリネットオーケストラが出来上がります!!

私実は吹奏楽部に入った時、絶対クラリネットだけはやりたくないと思ってたんです、音が全く出なかったから(笑)
それが顧問に半ば強制され、クラリネットの世界へ…
人生って何があるか分からないですね(´v` )

次回のブログでは、もう少し楽器と私について皆様に知ってもらえるようなネタをお披露目したいと思います。
出来たら、興味をもってお待ちしていて下さい◎笑

あっ先月、イボンヌ公演「ショパンの馬鹿!!!〜別れの夜〜」が千秋楽を迎えました♪

とても好評だったようで、スタッフながらとても嬉しかったです^_^♡

(Facebookであなた見たよ!と話しかけてくれた方、ありがとうございました♪)

6月•10月•12月(予定)とまた公演が続きますので、ぜひ足をお運び頂けたらと思います!

ではでは本日はこんなところで、またいつかの水曜日、お会いしましょう〜(*^^*)

アディオス♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る