ブラジル2013年冬公演 「性病はなによりの証拠」

さて、こちらも凄いですよ。
東京イボンヌ、来年10月公演を演出してくださる、ブラジリィ―・アン・山田さん率いる「劇団ブラジル」の本公演が、間近です。
アンさん情報では、既にスタジオ稽古入りしています。
しっかし、タイトル凄い。あらすじも凄い。なんだこのアイデアは。笑


ブラジル2013年冬公演
「性病はなによりの証拠」
 ブラジル初期の衝撃作を10年ぶりに再演決定!!

【HP】
http://www.bra-brazil.com/

2013/12/04(水) ~ 2013/12/08(日)

【劇場】@王子小劇場

【出演】
辰巳智秋
西山聡
諌山幸治
印宮伸二
堀川炎(世田谷シルク)
金沢涼恵(クロムモリブデン)
佐々木千恵
小川夏鈴(東京ジャンクZ)

【脚本】
ブラジリィー・アン・山田

【演出】
ブラジリィー・アン・山田

【料金】
2,500円 ~ 3,300円

【チケット】全席自由席
前売3,000円 
当日3,300円
☆…平日マチネ割引:2,500円(前売・当日とも)
高校生以下:1,000円(劇団のみ取り扱い、要学生証)

【タイムテーブル】
12/4(水)19:30
12/5(木)14:30☆/19:30
12/6(金)19:30
12/7(土)14:30/19:30
12/8(日)13:00/18:00

【あらすじ】
見渡す限り、陸ひとつ見えない海に浮かぶ、たったひとつの小さなボート。
遭難して取り残されたのは、8人の男女。残された水と食料はほんのわずか。
ひとりが性病を発症する。愛の病はボートの上を蔓延していく。もうひとり、またひとりと……。
果たして、生きて帰ることができるのか?
それぞれの思惑、疑心、愛情がうずまく究極の【苦笑系密室劇】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る