俳優 政修二郎の決意に感動したので友情告知をします!!!

友人の政修二郎の出演舞台が近くにあります。

毎回、集客が苦手で、メールでちゃちゃっとやるんですね、この男は。舐めてますねーーーー。

「メールでDM一斉配信やめろよーー!才能あるのに、そういうの勿体ないよ!!!」って言い続けていたのですが、

なななななんんと!!!!

今回、直筆のお手紙、それから、手紙が届いた後に、電話がか
かてってきたのです

「真也さん!!!いつ来ます!!!???」

な、何が起こった・・・・・

な、何がこの面倒くさがり男を変えたーーー!!!

聞くとあることを悟ったそうです。

誘う方も熱量が全て!!!

そこにようやく気付いたそうです。

営業って行為が、「申し訳ない気持ちになる」ってこの男は過去にずっと言っていました。

違うんだよ、営業はお客様に価値を提供する素晴らしいモノだよ、と私はずっと言ってきました。

良いなぁ・・・。人って変わるんだな・・・・。

電話で彼の熱量を感じ取り、私は即決!行きます!

確かにメールの一斉配信で観劇したことが私、ございません。(特例を除いて)

もうこれは劇団メンバーには口を酸っぱく言い続けたいと思います。

お客様は神様じゃけえのう!!!!

そういうわけで、今回、政修二郎が、見事な営業を見せてくれたので、気持ちよく観劇させて頂きます。

楽しみ!!!!!

以下

今回の出演のために、個人的には、昨年の8月から公演のプロジェクトに参加しておりました。

メンバーの中には、5月から参加している方も、劇団員の方々はもっと前から、この公演のために奮走していたと聞いております。普段舞台を作る時は、短期間に凝縮したものを皆様の前にお披露目するので、常日頃からの行いが、顕著に露呈されることが往々にしてある、ある意味厳しい環境ではあります。
劇団員のみの公演であれば、勝手知ったる仲間ということで、良くも悪くも濃密な芝居が作れるはずです。

今回のメンバーは、経験もやってきた芝居もバラバラなものが、ある期間濃密に取り組んだ、実験的な集大成としてのお祭りです。非常に恵まれた環境にある状態です。これでもか、という多種多様な人間が関わっています。

昨年暮れは、ペーター・ゲスナー一色。2014年新春は、どっぷり天野天街に浸かる。どうなるもか、どうなるものぞ。

<下北沢演劇祭参加作品>

◆うずめ劇場第26回公演◆

「砂女←→砂男」
「砂女」 原作=安部公房 構成・演出=ペーター・ゲスナー
「砂男」 原作=E.T.A.ホフマン 脚本・演出=天野天街(少年王者舘)

【日時】
2014/2/7(金)~11(火)
@下北沢 ザ・スズナリ

高野しのぶさんの『しのぶの演劇レビュー』にて、次回出演舞台のインタビュー記事が掲載されています。

ぺーターゲスナーインタビュー
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0114141721.html

稽古場レポート
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0115214912.html
———————————–

国も時代も全く異なる二人の小説家と、二人の演出家。

理想と現実が激しく逃げ場なく正面衝突する、冒険的クロスオーバー演劇!

日独演出家共同演出、2本立て競演!

「砂女←→砂男」オリジナルテーマソング 『今日』

歌 UA 作曲 坂本弘道

【出演】
後藤まなみ
荒牧大道
井村昂
荒井孝彦
石山慶
太田朝子
奥野美帆
キムナヲ
河村岳司
日下諭
日下範子
竹内もみ
高橋佑輔
谷原広哉
二宮彩乃
★政修二郎★
山村涼子

——————————
【日程】
 2/7(金) 14:00「砂男」/19:00「砂女」

 2/8(土) 14:00「砂女」/19:00「砂男」★

 2/9(日) 14:00「砂男」/19:00「砂女」

 2/10(月) 14:00「砂女」/19:00「砂男」★

 2/11(火) 14:00「砂女」/19:00「砂男」

※開演の1時間前より受付開始、30分前に開場致します。

※2月7日(金)マチネ「砂男」公演のみ、日程の都合で「公開ゲネプロ」とさせていただきます。学生料金でご入場いただけます。

※8日と10日のアフタートークは、ペーター・ゲスナー+天野天街+スペシャルゲストによるトークショーです。
——————————-

【料金】

一般  前売・予約 
■4,500円

当日

■5,000円

学生(要学生証)

■3,000円

“女←→男”通し券

■6,800円

★本公演は、「砂女」と「砂男」という、それぞれ別の作品による2本立て構成となります。各々の作品を通してご覧いただくのに便利な、”女←→男通し券”もご用意しております。是非、両方の作品を見比べて、ペーター・ゲスナーと天野天街の作り出す超演劇時空をお楽しみください!★
——————————-

【公演会場】

下北沢 ザ・スズナリ

世田谷区北沢1-45-15

℡03-3469-0511

http://www.honda-geki.com/suzunari.html

——————————-

【予約方法】

下記のチケットフォームでご予約いただけます。

URL:http://ticket.corich.jp/apply/49793/016/

詳細はうずめ劇場公式ホームページ

http://test.uzumenet.com/

でもご確認いただけます。

政修二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る