劇団会議

本日は劇団会議@神田でした。静かな喫茶店に声が大きい人間が6人+1(ウェブマスター“GM”大久保氏は静か目ヴォイス)。複数ラインで会話が並行、奇声嬌声ツッコミも時折混ざるという、さながら交通量の多い交差点のような騒がしさでした。(喫茶店の閉店まで!)

劇団として、まずは10月3月のワーサルシアターを成功させることに焦点を合わせつつ。でもあっという間に時間は過ぎていきます。来年秋には中野ザ・ポケットも控えております。3年先を見つつ、足元をおろそかにしない。とても難しいことです。

現代は演劇にとっては難しい時代ではないかと思います。全体を絡めとる便利なイデオロギー(共通の敵としての「体制」のイメージも含め)がなくなって、一時期流行った「絆」や「愛」を叫ぶことすら万能ではない中、劇場にお客様が足を運ぶのは何故なのか。どうすれば、数多ある選択肢(映画、TV、デート、ネットetc)の中から、演劇を選んでいただけるのか。

考えることは尽きません。引き続き考えていきます。

次回公演では、かの大作曲家ベートーベンにちょっと面白い角度から光を当てた作品となりそうです。

ベートーベン〜歓喜と運命〜 10月1日(火)~10月6日(日)、ワーサルシアターにて。

乞うご期待。

– 葦田-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る