東京イボンヌ、羽原寛子が客演します!

「煙が目にしみる」
作:堤泰之 演出:得丸伸二(文学座)

【日時】
:2014年3月20日(木)~23日(日)
20日(木)   14時/19時
21日(金・祝) 13時/17時
22日(土)   13時/17時
23日(日)   12時/16時

【会場】
TB-studio(南北線・志茂駅1番出口徒歩10分)

【アクセス】
http://www.tb-studio.net/

・料金:当日・前売2500円

【出演】
関口宏、大藤喜美子、佐々木裕子

★羽原寛子(東京イボンヌ)★

信田参平、水上有佳子、松田京子、梅原晶太、平川直大
宇佐見葦<桜組>、大林弘子<桜組>、諏訪綱義
芦澤董志映<チェリー組>、磯崎直嘉子<チェリー組>

・あらすじ
舞台は葬儀場の待合室。今まさに、2人の男のご遺体が荼毘に付されようとしている。
野々村浩介は野球部の監督を務める働き盛りの40代で、妻をはじめ家族や親戚などが集まり、お骨を拾うまでの時間に待合室でわいわいと過ごしている。北見栄治は60歳をすぎており、娘と近所にあるレンタルビデオ屋の店長しか見送りに来ていない。

二人はともにあの世への道連れとして、自分たちの存在に気づかない家族のいる待合室で、これまでの人生など語り合っている。
そこへ野々村の母、桂が、やってきて突然2人に話しかける。桂には死者の姿が見えたのだった。誰もいない空間に向かって話しはじめる桂に困惑する家族。
やがて、2人とその家族それぞれが思いのたけを述べ始める・・・・。

焼き方はレアで!火葬場を舞台に繰り広げられる涙と笑いのお葬式ストーリィ。

(注):客席数が50席のため、必ずご予約をお願いします。   今回は演出の都合上、立ち見・遅れての入場ができません。
当日受付で金銭の授受ができないため、事前振込となります。
お手数おかけしますがよろしくお願いします。

・お申込みは0901ichi★gmail.com(★→@)まで

羽原寛子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る