渡辺えりドラマティックコンサート後記と徒然

blog-tokura
1月13日成人の日。

かわいいかわいい私の妹が成人式でした。
振袖かわいかったなぁ。うちの妹が世界一かわいかった。と言い張れるくらいには姉バカです、わたし。

ちなみにうちの家族は誰も成人式に出たことがなかった。妹が最初で最後です。
父も母も弟も出てないし、私に至っては普通にバイトしてました。
新成人の人たちを横目に、「そういえば私たちも新成人だったよねぇー」とか同い年の仲間たちとぼやきながら夢をふりまいてたっけ。
今でも音楽よりも何よりも転職なんじゃないかと信じてやまない、私の学生時代のアルバイト先。

それは

夢と魔法の王国、東京ディズニーランド。

この企業を超えるエンターテイメントはない。
いつまでも目指すべきところだと、私は思っています。

ちなみに私は尾までも、ディズニーキャラクターには興味がない。←

ぁぁこの話はながーくなるので、またいつか。

そんな成人の日に私は憧れの舞台に立つことができました。

六本木のSTB139という有名なライブレストランです。
昨年夏に音楽劇「あかい壁の家」でお世話になった渡辺えりさんのドラマティックコンサートに出演させていただきました。

サポートバンドは超豪華なジャズミュージシャンばかり。
私のジャズの実力など赤ん坊の足の小指にも満たないくらいでした。。

そして今回は私個人として以外に、ピリカサクソフォンカルテットとして出演させていただきました。
演奏1曲と、えりさんとの歌のコラボが2曲。

こちらも大変好評で、アンケートでもたくさんのお褒めの言葉をいただきました。

が。未熟なことばかりで、ほんとうに。どうしようと泣きながら、ぁぁあかい壁の家でも泣きっぱなしだったなぁとか冷静になってみたり。

朝までえりさん宅で熱く熱く語り合ったミュージシャンの方々。
こうやって少しずつ、じぶんのやりたいことが明確になっていく快感。

幸せです。

さて。私の次の観劇予定は20日月曜日。

シアタークリエで大好きな瀬奈じゅん様と尊敬する中川晃教さんが共演する、クリエミュージカルコレクションを観てきます!

舞台音楽で仕事をするようになっても、私にキャーキャーいうファンの心を忘れないでいさせてくれる、瀬奈じゅん様とV6。

最近立て続けに3本中川さんの観ているので、もしかしてファンになったのかと自分に問いただしてみたこともありましたが、
やっぱり全然違います。

中川さんは私にとって夢ではなく現実をみせてくれるから。
目指したい物をいつも再確認させてくれる。

本当に尊敬してやまないアーティストです。

だから、今度のクリエの公演を見て自分はどうなるんだろう・・・?

きっと自分の感情がとんでもなく忙しいことになるでしょう。

楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る