無名塾・仲代達矢さんの想い

父が手紙を送ってきた。
何だろうと思ってみると、無名塾の主宰、仲代達矢さんの記事だった。

今、無名塾は「ロミオとジュリエット」の全国公演をしているそうですね。
(来年4月まで。能登公演が最後)
能登の千秋楽、行ってみたいなぁ・・・・。

無名塾の拠点:石川県七尾市に「「能登演劇堂」という自劇場がある。
2007年に公演したマクベスは、この劇場の特徴を使い、忘れられないほどの成功をしたらしい。

【印象に残った言葉】

・演劇文化がヨーロッパのように、日本にもどうにか根付かんものかなぁ・・・・

・400年の歴史をもつ歌舞伎。日本の演劇の歴史は100年。まだまだ。
次の世代よ。頑張れ。

・山田五十鈴先生からの最初の指導が「台詞を覚えるなら最初は相手役から覚えること」

・発声は10種類以上の高さを使い分けること

・俳優に基礎が出来るのは3年。1人前になるには10年は最低かかる。

・仲代さん自身は50歳を過ぎてから、台詞を発する技術がモノになったと実感した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る