藤原歌劇団創立80周年 ラ・ボエーム観てきました。

ラ・ボエーム観てきました。
終演後、痺れてた。なんだか痺れてた。
確かに総合芸術。
歌も演技も演奏も一つの穴も許されない。
誰もが知ってる作品だから余計に。
プロがプロの仕事をしないと全く成立しない芸術。
しかし、プッチーニのロマンチストっぷりよ。
ラストシーンの美しさよ。
ミミ役(砂原涼子さん)、とても綺麗でした。
歌が緩急自在。
まさに天才。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
藤原歌劇団創立80周年
Bunkamura25周年記念公演
G.プッチーニ作曲オペラ4幕  <字幕付き原語上演>
「ラ・ボエーム」

2014年11月1日(土)   15:00開演
     11月2日(日)    15:00開演
     11月3日(月・祝) 15:00開演
会場:Bunkamura オーチャードホール
総監督:岡山 廣幸
指揮:沼尻 竜典
演出:岩田 達宗
出演 11/1・3 11/2
ミミ バルバラ・フリットリ 砂川 涼子
ロドルフォ ジュゼッペ・フィリィアノーティ 村上 敏明
ムゼッタ 小川 里美 伊藤 晴
マルチェッロ 堀内 康雄 須藤 慎吾
ショナール 森口 賢二 柴山 昌宣
コッリーネ 久保田 真澄 伊藤 貴之
ベノア 折江 忠道(両日)
アルチンドロ 柿沼 伸美(両日)
パルピニョール 岡坂 弘毅(両日)
合唱/藤原歌劇団合唱部
児童合唱/多摩ファミリーシンガーズ
管弦楽/東京フィルハーモニー交響楽団
主催:公益財団法人日本オペラ振興会
Bunkamura

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る