諸葛亮孔明を歌う

ueda-blog-banner
こんにちは!札幌の上田です!

最近クラシック以外のジャンルの方たちとの共演が増えてきてとても楽しい。
今日は9月に公演がある琴のグループとの合わせ!
曲名は「五丈原」
諸葛亮孔明が五丈原という中国の原っぱで闘い半ばに病に倒れ、部下たちも途方に暮れる場面を題材に作られた曲。
結局孔明は亡くなってしまうのでかなりかわいそうな場面なのですが…
曲調はなんと言うか、「軍歌」のような感じです。
曲そのものはけっこう古いものらしいので、時代の影響もあるのかな?とも思います。

あれだけ大きな楽器なので、音量も予想以上にかなりパワフル。
僕が歌うパートは音域が低めなので、あまりやりたくないですが本番はマイクが必要かな、と思います。
こういう時は発声を崩しやすいので、注意して歌わねばなりませんね。

なにはともあれかなり楽しみ!!
9月20日、お時間ある方は是非お越し下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る