電通鬼十訓と責任三カ条 -千秋楽だからこそ意識したい、プロフェッショナルの座右の銘

fukublogheader2

いよいよ、千秋楽。
今の気持ちを書こうとしたら、何も浮かんでこなかった。
ただ、明日、粛々と事故のないように気を配り、
そして、楽しもうと思った。全員でね。

で、この段階でやはりこの言葉を意識したいのだ。
千秋楽だからこそ。

電通鬼十訓
1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

この電通鬼十訓は、4代目社長吉田秀雄により1951年につくられた、電通社員の行動規範です。吉田氏は、、東京帝国大学を卒業後、1928年に電通に入社。1947年にGHQにより公職追放された上田碩三社長の後任として、電通の第4代社長になった人物です。
この電通鬼十訓は、仕事のあり方や進め方について、実に考えさせられます。
英語版もありますが、読み比べてみると、ところどころ省略されていたりするので、日本語の方がより含蓄のある内容になっていますね。

「Dentsu’s 10 Working Guideline」
1. Initiate projects on your own instead of waiting for work to be assigned.
2. Take an active role in all your endeavors, not a passive one.
3. Search for large and complex challenges.
4. Welcome difficult assignments. Progress lies in accomplishing difficult work.
5. Once you begin a task, complete it. Never give up.
6. Lead and set an example for your fellow workers.
7. Set goals for yourself to ensure constant sense of purpose.
8. Move with confidence. It gives your work force and substance.
9. At all times, challenge yourself to think creatively and find new solutions.
10. When confrontation is necessary, don’t shy away from it. Confrontation is often necessary to achieve progress.

責任三カ条も、吉田秀雄社長によって作られた言葉。

責任三カ条
1. 命令・復命・連絡・報告は、その結果を確認しその効果を把握するまではこれをなした者の責任である。その限度内に於ける責任は断じて回避出来ない。
2. 一を聞いて十を知り、これを行う叡智と才能がないならば、一を聞いて一を完全に行う注意力と責任感を持たねばならぬ。一を聞いて十を誤る如き者は百害あって一利ない。正に組織活動の癌である。削除せらるべきである。
3. 我々にとっては、形式的な責任論はもはや一片の価値もない。我々の仕事は突けば血を噴くのだ。我々はその日その日に生命をかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る