怒鳴られレッスンの思ひ出


こんばんは〜。
隔週水曜日は!
♪パパからもらったクラーリネットの、ちぃこと宝地戸千秋がお送り致します(^O^)

今日からお仕事の方も、GWもお仕事だった方も、一日お疲れ様でした!!

イボンヌ演奏部はと言いますと、先月ニクの日は、浅見さん・久美子さんが日記に書いていた通り、演奏部の会合があり、少人数でしたが肉食な交流ができました♪

いつか全員そろった会の様子をUPしたいです〜♪

さぁ、本日は思いつきですが、若かりし音大受験前の思い出話を喋ろうと思います。

音大を受験する前には、自分の専門楽器はもちろん、ソルフェージュ(基礎学習の事で、筆記だったりメロディを聴きとって書いたりパッと見て歌ったりいろいろ…)や、副科のピアノ等も先生について習うんです。

私ももちろんそれらを学びにレッスンに通っていました。

クラリネットの師匠は何人かいるのですが、中でもいろんな意味で濃かったのは、一番長くお世話になった男性の先生。

その先生がですね、べらぼ〜〜に怖くて!!!

今でこそ懐かしいですが、本当に恐怖(憂鬱)の日々でした(笑)

私)ドアを開けて、「…こんにちは。」(びびってたため結構小声)

師)「おー!今日は練習してきたんだろーな!!ガハハ!!!」(めっちゃ声大きい)

のような豪快な先生の一言から始まり、実際レッスンに入ると、

私 (吹く)

師「おいなんでそうなるんだ!!もっかいやれ!!」

私) (吹く)

師)「お前本気でやってんのか!なめてんだろ!!!」

私)「すいません…」(吹く)

師)「レッスン前に付け焼き刃で練習したやつなんてな、すぐダメになるんだからな!聞いてんのか!!」

みたいな調子。

あんまり伝わらないかもしれませんが、あの顔と声のデカさと存在感のある人に本気で怒られる恐怖といったらもう、(笑)

ほぼ毎回涙がじんわりしてくるのですが、私の負けず嫌いがそこで発揮され、トイレに行くと言ってトイレで泣いたり、先生が見てない時に少し涙したりして、先生の目の前では泣きませんでした。多分。(笑)

レッスンを終えて家を出たと同時に、悔しくて駅まで泣きながら帰ったり、寄り道して地元横浜の夜景を観に行って感傷に浸ったり(自分のせいなのに)、本当懐かしいです。

でも、本っ当に愛のある、あたたか〜い先生でした。

ご自宅が江ノ島の方だったのですが、
とれたての生しらすや、
奥様(これまた素晴らしいピアニストさんなのです)お手製の料理や、
パサパサしてその後楽器吹きにくくなるのにカカオ99%のチョコレートなど、たくさん休憩中に食べさせて下さり…

とにかく、レッスンに通いまくっていた私を我が子のように育ててくれました。

おかげで横にも大きくなりましたが。。汗

個人レッスンをさせて頂いている時も、どんな風に接していくか迷う時、自分の教わってた頃を思い出します。

昔より大分打たれ強くなった今、久しぶりに師匠のレッスンを受けたいです。

イボンヌの公演も観に来てほしいなぁ。

なぁんて(^-^)

あっ、イボンヌは6月の朗読劇、10月の本公演と、これからも公演が盛りだくさんです!!

皆様のお越しを、お待ちしております☆

では、本日はこのへんで。
アディオス〜♪

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る