時に最も良い行動は何もしない事だ

先日はかなり雪が降りましたね、寒い日が続いていて都内はまだ雪(氷かな)が残っていて道も危ない所が多い感じです。晴天なのが唯一の救いでしょうか???
今週末もまた雪が降る様ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
暖かくしていますか?
風邪などひいていませんか?(インフルエンザが流行っているそうです)
誰も骨折などしてませんか???(1名を除いて…(・・;))

東京イボンヌのファンの皆様おはようございます、声楽家の河野鉄平です。
日記を担当させていただきます。
新年始まって早2週間目に入りますが自分は2月にあります舞台のリハーサル、3/24のコンサートの選曲、構成、カット、歌詞の翻訳、譜読み・練習、週2回教えている幼稚園、週末はブライダルなどなど何かと忙しく過ごしております。

–ここから必要以上に長くなりますがどうぞ皆様お付き合いください。
一昨日は福島塾へ行ってきました。
今回は色々と自分の準備不足もありご迷惑をかけた事もありますが、前回と比べてお芝居をたくさんさせて頂けて嬉しかったです。無論、お世辞にも自分が上手とは言えないので難しい所も多く、考えていた事が出来ないとか、上手くセリフが言えないとか、やはりオペラのお芝居で習った事で通用する所が少ないと感じました。これは他の参加者の皆さんを見て強く実感しました。
オペラでは音楽が色々と表現をしてくれる所が多く、テンポやフレーズの流れでセリフを繰り出していく。勿論、ストレートプレイにもテンポやフレージングはあります、ですがそれは言えば決まっていない空間・時間の中で作られるのであってオペラとは全然違う世界。
どれだけ個々で音楽のテンポは違えどテンポのフレームはあり、作曲家が決めた音楽の中で進める。ニュアンスは違えどメロディーは変えられない、ダイナミックスもそこまでは変えられない、結構守るべく規則は多いと思います。

あ、これは自分のオピニオンです。他のオペラ歌手に聞いたら違う答えが返ってくるかもしれません(勿論似た考えを持つ人もいます)。
そろそろこれを読んでいる貴方は思っているでしょう…「おい、鉄平。お前は何が言いたいんだ?」
今回は自分の可能性ですね。
ここから突然、俳優になる‼︎ という訳では無いですが、縛られていない時間・空間であるストレートプレイの中でサイレンスを使う(オペラでも武器になりますしチャンスがあれば数秒間を取ります、逆にオペラの方がやりやすいかも)事が指揮者も決められたテンポも無い所でそのサイレンスを取ると言う行為、数秒も経っていないのに恐ろしいほど怖いです… どうしていいか分からなくなるほど。どうしても焦ってしまう。これはオペラでもそうですが「何もしない演技」と言うのは難しく、忙しく動いたり、間を埋める為に何か余計な事をする。中々直せない癖ですね。

Sometimes the best thing to do is nothing
時に最も良い行動は何もしない事だ

Sometimes the hardest thing to do is nothing
時に最も難しい行動は何もしない事だ。

舞台でも何もしていない様な演技が一番難しいものです。オペラでも同じですね。でもこれが出来るようになったらさらに幅が広がると思います。
今回も長々としかも回りくどく書いて意味不明と思う方たちが多いと思いますが何卒温かく見守ってください…何せ自分は不器用な人間なので。
え? 演技を習う前に日本語で文章の書き方を習え??? Touché…

3月はイボンヌの公演です‼︎
今回はいつも語っている融合というよりかは俳優陣、器楽奏者陣、声楽家陣がそれぞれ皆様をあっと言わせるパフォーマンスを見せる場をお送りしたいと思います。勿論融合もありますよ。どうぞご期待下さい。
これからもどうぞ東京イボンヌを、そしてオペラ歌手河野鉄平を重ね重ねよろしくお願いいたします。
写真は先日の福島塾(自分だけカメラ目線です。はい、完全に狙いました)。
その後に俳優陣から渡辺多恵子と一緒にモツマリでご一緒した与座さん出演のライブ「ヨジャモキャン」終了後にセルフィー。
えー、最後は…雪景色ですね。
皆様長々とお付き合いくださりありがとうございました!
素晴らしい1日をお送りください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る