例の脇汗の。はい。

keikoblogbanner

7

はじめまして、土橋建太です。

例の脇汗の。はい。

稽古場に着くと、たいてい一番乗りのササキチ(佐々木美奈)が、開けた窓の風に当たりながら、パンをもしゃもしゃ食べながら、眼下を覗いている。

どうしたのかと聞くと、下に停まっている黒塗りの高級車に、これからどんな偉い人が乗り込むのか見張っているという。

通りをはさんだ向こうには料亭がある。そこから誰が出てくるのか、ササキチは稽古中も気になってしようがないらしい。

本日は舞台監督さん、音響さん、照明さんなどスタッフの方々がお見えになり、少しだけ触りを見せられる機会となりました。

見られているという緊張感の中で、みんなそれぞれ失敗を見せ合う。これが積み重なって信頼に結びつくのだと思うと、

稽古楽しい、本番待ち遠しい。

後半は、脚本家さん:ふくちゃん(福島真也)のファシリテートで、脚本家から登場人物に対する質問を各キャストに、
またキャスト同士で互いのことをどう思っているのか質問し合うなど、

台本の解釈稽古なる時間がありました。自分のことだけじゃなくて、みんなで一人のことを考える、解決していく時間。

いい作品になると思っています。

稽古場写真を撮るのを忘れました。

昼間理容室に行ったのですが、こういう髪型になりましたので、代わりに一番上の写真を載せておきます。

公演のチケット予約はこちらからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る