blog-tokura
皆様こんばんは。サックスの十倉彩子です。
毎週水曜日は十倉担当の楽しいお時間!

楽しいことといえば。
先日ずっと楽しみにしていたクリエ・ミュージカルコレクションを観てきました。

あれやこれやのミュージカルの曲を集めた超豪華コンサート。

なななんと。
 

大好きな大好きな大好きな瀬奈子と尊敬してやまない中川さんが共演するという夢のようなコンサート

(注:瀬奈子とは瀬奈じゅん様のこと。私が勝手に宝塚時代を瀬奈氏、退団後を瀬奈子と呼んでいます←おたく)

久しぶりに見る瀬奈子は、物凄くめちゃくちゃかわいかった。文句なしにかわいかった!デレデレ

まさかあの曲を歌ってくれるとは!
まさかあの曲を!!!

しかも物凄く近くでね、近くに来てね、すぐそこにきたのね!!!!(大興奮) 

かわいかったードキドキしたー!!
すきーーーー Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!! 

はい、ごめんなさいただのおたくです。

こんな仕事をしていても、相も変わらず瀬奈子とV6だけは完全にただのファンです。

でもこの仕事をする上で、こういう自分も大事だと勝手に思っています。

言い訳。←

いやしかし。
やっぱり中川さんはすごい。

いい加減にもう言い過ぎなんじゃないかと思いますが…

素直に思ったことなので、何回でも言いますこうなったら(笑) 

率直に、もう、すごい。

今回は俳優・中川晃教さんの奏でる音楽に触れました。

昨年末のコンサートでは音楽家・中川晃教さんの音楽を聴きました。

全然違うのです。勿論だけど。

両方に流れる血までもが、全然違うのです。

全く違うもの
全く違う音楽
全く違う「中川晃教」同士なのに

お互いが共存しあっていて
全く別のものなのに全く別のものではなくて
お互いがなければ成立しない

言いたいことが上手く言葉にできない。歯がゆい!

なんなんだろうと、素直に衝撃を受けました。

今日こそははっきり言葉にして中川さんに伝えようと思いました。
こそこそブログにだけ書いてるなんて失礼だと。

「私は中川さんのような、強い音楽を持ったアーティストになりたいです」

と。

言葉にしたらなんて薄っぺらいんだろうと思いましたが、伝えずにはいられませんでした。

ことだま、言霊。
音にすることが、音にしてそれを感じること自体が大切だから。

いつかまた中川さんと共演したいのはもちろんですが、なんかもう「共演したい!!(*´∀`)キラキラ」みたいな女々しいみみっちい気持ちや目標なんてどうでもよくて、

中川さんの音楽観世界観に近付くなんてそんな無理なおこがましいというか、やってはいけない失礼なことを目指してるわけでは勿論ありません。

なんといっていいかわからないけれど。

「強く」なりたい。

これからも中川さんの舞台を観る度に凄い凄いと言い続けるのでしょうが、どうか温かい目で見守ってやってください。←

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る