「アナと雪の女王」を鑑賞!松たか子さんの歌に痺れました~

丑嶋です。こんばんは。

ようやく「アナと雪の女王」を観てきました。
長女がずーーーっと観たがっていた映画ですね。
これだけ世間を騒がせているのだから観たがるのも当然ですよね。

ということで舞浜イクスピアリにゴー!

写真 2014-05-03 19 44 37

小4の娘、4歳の息子と一緒に観るということで、選択の余地無く吹き替え版を鑑賞してきたのですが、これが大正解でした。

誰もが耳にしたことのある

「ありのぉーー、ままのぉーー♪」

のフレーズは知っていましたが、フルで聞いたのは実は初めてでした。

雪の女王である「エルサ」の声を担当している松たか子さんの歌声たるや圧巻。

圧倒的に美しい映像とエルサの心、そして松たか子さんの歌声。
世界中を虜にした「Let It Go」が流れるこのシーンの素晴らしさが良くわかりました。
しかも、松たか子さんバージョンの「Let It Go」の評価が海外でも高いというのも納得です。
もの凄く澄んだ歌声、力強い声、素敵でした。
松たか子さんバージョンのエルサこそ、真のエルサだ!と思うほどに適役だと思います。

写真 2014-05-03 19 45 47

それにしても、この歌。
サビの部分しか知らなかったので、ただの前向きな歌だと思っていたのですが、
違ったんですね。
エルサの優しさ、孤独、不安、、、一人ぼっちなのは変わらない。
でも初めて、
「ありのままの自分を認めて良いんだ、ありのままでいることがこれだけ素敵だなんて」
と思えたエルサの気持ち。そして晴れやかになっていく表情。
(これ以上はネタばれなので自粛しますね)

思いっきり感情移入してしまいました。
比較的前半のシーンなのに、涙ホロホロ・・・

神田沙也加さんが演じるアナも適役でしたね。
エルサとアナが共に歌うシーンも、もう一度観たいな。

鑑賞前は、「塔の上のラプンツェル」と似たような作品かなぁ、と思っていましたが(ラプンツェルも大好きな作品ですが)、ストーリーも映像美も今回の作品が圧倒的に勝っていると、個人的には思います。
マイベストアニメーション決定です。
映画館の大きなスクリーンでもう一度観たいです。
次回は字幕版を観て比較しよっかなー。

ちなみに、私はミュージカルが大好きなんだぁ、と改めて思いました。
小さい頃からそうだったような気がしていましたが、今回実感しました。

東京イボンヌでも、いつかミュージカルをやってみたい!
今度、イボンヌメンバーに「ミュージカルやってよー」と呟いてみようかな(笑)

以上、丑嶋の鑑賞日記でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る