弘法筆を選ばず?

blog-inda
みなさんこんばんは、このところ寝ても寝ても眠気の取れないチェロの印田陽介です。
 
 
 
先日某番組で某ヴァイオリニストがご自分のストラディバリウスと5万円だか(?)の楽器の音を間違われてましたが、楽器をやっている方はみなさん、自分の楽器に様々なこだわりがあることと思います。
 
特に弦楽器は、本体や弓はおいそれと買い換えられませんが、弦、松脂などこだわるポイントがたくさんあって、色々試してみると非常に面白いです。といってもチェロの弦は1セット揃えると2~3万してしまうので、そう次々変えるわけにはいきませんが。。。。
 
 
チェロですと他にエンドピンという楽器から突き出している鉄の棒があるのですが、その素材も色々な物が出ていて面白いです。カーボン製のエンドピンですととても軽いので、音の立ち上がりが早く、明るく開放的な音色になりますが、その分音も軽く、悪く言えば薄っぺらくなります。逆に重いタングステン製のエンドピンを使うと重く深い音になり、まろやかになりますが、その分楽器の振動を妨げる部分があったりします。
他にもチタンや真鍮、それらの混合など様々なものがあります。これも高い物は1本5万円以上するので注意が必要ですが、色々試して気に入ったものを買えば良く、ずっと使えますから弦を数種類試すよりはお得かもしれませんね。
 
 
 
まあ、こういったこだわりの7割くらいは奏者の自己満足だと自分でも思っていますが(苦笑)自己満足って結構大切です。どれだけ気分良く思い通りに演奏できるかで演奏の出来はかなり変わってきますので。
 
ですので、ピアノのような持ち運べない楽器の方は本当に尊敬します。行った先々で違う楽器を弾くんですからね。まさしく弘法筆を選ばずです。筆を選ぶことに熱心な自分が恥ずかしくなりますが、それも仕事のうちということで(笑)筆は選び続けたいと思ってます。
 
 
それでは、演奏まで自己満足と言われないよう精進しつつ、更なる自己満足を求めて色々と試していきたいと思います!
 
また再来週、ブログでお会いしましょう~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る