【土曜の鳥の日: 平成ライダーVS昭和ライダー 映画はズルい!? 】

blog-tori

 

土曜日、営業陣のブログです。音大営業担当の鳥廣です。

先日、朝早く起きて息子と映画館に行ってきました。

8:10開演に向け、家を7:00には出るために朝5:30起床です…。

うちの子はオタクなのか…?歴代の仮面ライダー30代をすべて諳んじて言える位の仮面ライダー好き。

自分は久々に映画館の雰囲気を味わいたく、軽い気持ちで息子を映画に誘ったのでした。

なんでも、昭和ライダー15代と平成ライダー15代がちょうど同数になる記念公演なのだとか。

昭和生まれの私ですが、昭和ライダーは最後の方の「BLACK」位しか観たことありません。

映画の内容は…、それこそ初期のライダー好きにはたまらないであろう、往年の役者たちが復活。

「ワカモノ」平成ライダーと何故か?新旧仮面ライダー同士で対戦??

脚本については、時間内で登場人物の多さをまとめるのに非常に苦労してる雰囲気でした…。

俳優陣の演技力はさすが。往年のヒーロー達がオッサン(オジイチャン?)になってもかっこよかった。

劇団に携わるようになってからは、映画やドラマの見方が変わってきました。

脚本、俳優の演技力、演出、構成、ネタ、オチなど…

最近はプロモの仕方まですごく気になっています。

正直、映画はズルいなぁと感じました。

撮り直しもできて、効果を挿入できて…。編集次第で如何様にもなります。

東京イボンヌの周知には、確かに動画の威力は絶大ですね。

東京イボンヌの良さを動画にするには…カッコよさ、面白さ、カワイさ…??

いや、何より演奏や演技のプロとしてのPRが一番大事だろうと思ってます。

ただのクラシックじゃつまらない、面白カッコいい動画で東京イボンヌを広められたら最高ですね?

東京イボンヌの動画発信にも、乞うご期待ください!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る