眠らない男ナポレオン~愛と栄光の涯に~1回目@東京宝塚劇場

東京イボンヌ制作担当:団長こと風早優希です。
舞台が好き。とにかく好き。

行ってまいりました。
久々の宝塚。久々の星組。待ちに待った「眠らない男ナポレオン~愛と栄光の涯に~」
細々とした感想はこの先、何回か観るので追々アップしていきます。
今回は初見だったので全体の感想を。

眠らない男

いやぁ・・・よかったです。
100周年の宝塚にふさわしい演目。
超小池修一郎氏(以下、イケコ)らしい演出。
フランス革命やらハプスブルク家など「ベルサイユのばら」「エリザベート」などの演目とも何気なくリンクしてていろいろな意味で感慨深く観ることができます作曲がジェラール・プレスギュルヴィックって事も私的にはどストライクでした。
どことなく「ロミオとジュリエット」を彷彿させる楽曲、そこにイケコの演出がプラスになるわけですから当たり前です(笑)
柚希礼音(以下、礼音くん)らしいナポレオン。かっこよかった。あの男っぽい色気はどこから来るんだろう・・・。
そして、夢咲ねね(以下、ねねちゃん)、しばらく観ないうちに随分貫禄のある娘役になったのね。
堂々としてた。今までは可愛らしい恋愛に一生懸命な役柄が多かったせいもあり、いい意味で儚い娘役のイメージだったのですが、
今回は全く対局のイメージ。強く逞しい女性を演じ切ってました。
悪くはないんですが、私は可愛いねねちゃんが好き!
全体の物語は把握できたから次回からはじっくり観劇します!

ここ最近、プライベートでいろんなことがあり、どちらかと言えば低空飛行の日々が続いていました。
何をしても大きな失敗はないんだけど納得いかないことが多かった。
やる気も起きず・・・上司から「らしくない」と言われ、「私らしいってなに?」と若干キレ気味になったこともあった。
宝塚はそんな私を上昇気流に乗っけてくれます。
荒んだ気持ちが潤うんです。
なくしてたトキメキを思い出します。
一緒に行った友人が全く同じことをツィッターでつぶやいてた。
「宝塚は潤う~~」と(笑)
やっぱり非日常に身を置くことって大切ですね。

舞台は非日常。東京イボンヌ三月公演「ショパンの馬鹿!!!~別れの曲~」も非日常です。
タイトルから言って非日常ですよね(笑)
なんにも考えずに笑いたい方には超オススメです。
ぜひぜひ日常から少しだけ離れた空間で笑ってみませんか?
劇場でお待ちしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る