ちぬの誓い@東京芸術劇場

東京イボンヌ制作担当:団長こと風早優希です。
舞台が好き。
とにかく好き。

image

眠らない男ナポレオン〜愛と栄光の涯に〜のマイ楽を満喫した後、東京芸術劇場にて「ちぬの誓い」を観劇。
はい。マチソワです。
今年はできるだけマチソワを避けるつもりでいたのですが…仕方がなかったです(笑)

宝塚が女性ばかりに対して「ちぬの誓い」は男性キャストのみ。
とても力強い作品でした。でも、男の色気をかんじました。
だって上半身はだけてたりするんだもん(笑)
鍛えられた身体の俳優さん(イケメンに限る)の半裸は色っぽいです。
そんな肉体美を持つイケメン俳優さんが、これぞTSってダンスで魅せてくれるんですよ!まさに目の保養です。

主役は東山義久さん。
もともとダンサーなので踊りはもちろん、お芝居、殺陣、すべてが素敵すぎです。
岩の上に立って思いを馳せるシーン。
思い出しました。レミゼラブルのアンジョを思い出しました。
好きだったなぁ、東山アンジョ。
そんな大好きだった東山アンジョを思い出したら原田アンジョが観たくなった。
原田マリウスより原田アンジョが観たい!って思っている原田優一ファンは少なくない。はず。たぶん。
いや、マリウスも素敵です。でも、やっぱり砦にたつ孤高の原田アンジョを観たい。
すみません。話がそれました。

何気にご縁のある良知くん。決して舞台の真ん中に立つタイプではないんですが(爆)…
繊細な演技は相変わらず。なんか目を引くんです。
これってすごいことだと思います。
最後の船の上でのキメはむちゃくちゃかっこよかった。

そして、特記すべきは、やはり今さん。
まさかの陰陽師。
終始、出てくる度になんか笑えました。だって超嘘っぽい陰陽師だったから。
でも、人を指先で転がしたり本物って設定でした。失礼しました(笑)
歌は抜群。お芝居も安定。あの役は今さんならではだと思います。

最初から中盤までたんたんとしてるなぁ〜と思ってたら、二幕開けて一気に盛り上がり。
気がついたら泣いてました。
大きな衝撃とか感動はないけど、観てよかったなって思う舞台でした。
切ないラストでしたが、カーテンコールでのお祭的な男踊りでハッピーになれたのもマル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る