WAY OUT@ 博品館劇場

東京イボンヌ制作担当:団長こと風早優希です。
舞台が好き。
とにかく好き。

image

今週、「あなたにも知ってもらいたい宝塚用語」はお休みさせていただき、観劇の感想を。
何気に好きな役者、いや…本当はかなり好きな役者、西村直人さん出演の『way out』。
西村さん出てるから観てみようかなぁと思ってたら、制作の和泉から「おすすめですよ」と薦められた『way out』。
和泉から薦められたから観てみようかなぁと思ってたら、新橋でポスター見つけた『way out』。
これって観なきゃダメって言われてるんじゃない?なんて思いチケットGET。
いやぁ…働く者として、日本人として、思うことや感じることが多い舞台でした。
そして西村直人がむちゃくちゃかっこよかった。
出演者は男性のみ。
全体的にお歌のレベルが少々残念な気もしましたが、ダンスと身のこなしでカバー。
スーツの上着を脱ぐ仕草、羽織る姿にドキドキしっぱなし(笑)
三角隊列での群舞は圧巻でした。
宝塚の群舞とは違う良さがありました。
くどいようですが、群舞でも西村直人がむちゃくちゃかっこよかった。

スーツの着こなし上手な男性は素敵で仕事ができそう。
スーツが似合う男性は素敵で仕事ができそう。

最近、舞台を観ながら出演者をイボンヌの俳優に置き換えたりしてみる(笑)
昨日に主演の男性の役をイボンヌ俳優に置き換えたら間違いなく大澤慶祐。
西村さんの役は…該当者なし(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る