宝塚をどり@東京宝塚劇場

東京イボンヌ制作担当:団長こと風早優希です。
舞台が好き。とにかく好き。

さてさて久々に月組公演へ行って参りました。
100周年記念だなぁ・・・と。
スペシャルだなぁ・・・と。
宝塚だなぁ・・・と。
和物ショー、お芝居、洋物ショー、宝塚のありとあらゆる魅力を詰め込んだような演目です。
三本立てなので一つ一つは少しだけ軽い気がしますが、口上があり100人(?)のラインダンスもありお得感満載でした。
まさおが少々女っぽかったのが気になると言えば気になる。
なんか声も高いし(笑)
でも、トップなんだなぁ・・・と。ずっと応援していた身としては感慨深いものがありました。

【宝塚をどり】
普段だと、ついつい退屈で眠くなってしまう(おい!)和物のショー、あれくらいの長さと濃さがいいな。超お約束どおり「チョンパ」で始まったし(笑)
ここだけの話(暴言です)、M本先生の出番はあれくらいが理想。
あれ以上の長さだとたぶん落ちます。
基本的にショーは洋物好きの風早なんです。
【明日への指針~センチュリー号の航海日誌~】
とにもかくにも分かりやすい。ジェンヌさんの個性が役に投影されてた。
愛希れいか(以下、ちゃぴ)の上手さにびっくりした。
いやぁ・・・成長したなぁ。もともと可愛いし、歌も上手なんだけど、さらにトップとしての貫録みたいなのが備わって存在感抜群でした。
なんで、最初に男役を選んだのかが謎です(笑)
【TAKARAZUKA花詩集】
ただただ華やかな時間。衣装を観ているだけでも十分なくらいの華やかさでした。
あのバラの衣装とか、男役としては可愛すぎるピンクの衣装を着こなせるのは龍真咲(以下、まさお)だからかも。

本日のブログは駆け足でやり過ごしてしまいましたがお許しを。
演目自体が駆け足なんだもん(笑)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る