エリザベート@東京宝塚劇場

kangekiblogheader

東京イボンヌ制作担当:団長こと風早優希です。
舞台が好き。とにかく好き。

宣言どおり「エリザベート」について熱く熱く語ろうかな・・・と。

attachment00 (1)

何と言っても花組新トップ明日海りお(以下、みりお)のトップお披露目公演。
お披露目公演が予想どおり「エリザベート」であったことは至福(笑)
そして美しさの極みです。
ベルばらのオスカルを演じた時も思ったのですが、少女漫画から飛び出てきたようなルックスです。そして安定感のある歌とお芝居。
みりお演じるトートは美しく、妖しく、中性的。
今までのトートと比べると少しだけ幼い。霊廟でシシィに拒絶された時に憂いを強く感じてしまうのはその幼さゆえかな?と。
それでも月組で下級生の頃から観ていたみりおがトップの羽根を背負って大階段を降りる姿は感無量。
花組に異動になった時は悲しくて淋しくて。
でも龍真咲(以下、まさお)がトップにいる以上はみりおのトップないし・・・。
と、何とも複雑でした。
まさおとみりお(まさみり)の並びが大好きだったから余計に。
でも、あの姿を観たら花組異動でよかったのかな。
お芝居中も群舞でも周りに紛れず、常にトップオーラ全開。劇団期待のジェンヌさんだということを見せつけられました。

で、タイトルロールのエリザベートを演じた蘭乃はな(らんはな)。
前相手役の蘭寿とむ(らんとむ)と一緒に退団を選ばなかったらんはな。
劇団側からエリザのオファーがあった時「やらないと後悔すると思い・・・」と話していました。「やって後悔すればいい」とか風当たりがかなり強かった記憶。
私もみりおがらんはなの二人目の相手役になってしまうことが許せなかった一人。
エリザこけるのでは?と思ってました。
いやいや、ごめんなさい。
素晴らしい出来だと思います。
美しさもありました。歌もむちゃくちゃ頑張ってました。
歴代のエリザより低い音程でファルセットに切り替わるところが若干気持ち悪かたけど、それでも素晴らしかった。(何故か上から)
彼女のエリザベートに賭ける情熱とか意思とか痛いくらい伝わってきました。
エリザベートを最後に退団するらんはな。
これが退団公演でよかったね。ずっと演りたい役を演れて本当によかったね。

次、北翔海莉(以下、みっちゃん)
今回のMVPはフランツを演じるみっちゃんだと私は思う。
全て完璧。歌、お芝居、立ち位置。どれを取っても完璧。
物語が進む時間に比例して少しずつ、でも確実に青年から年老いていった。
最後は本当に本当に淋しいおじいちゃんになってた。
この部分は怖いくらい完璧でした。
そして何と言っても歌がうまい。上手いだけでなく心に響く。そして心地よい。
フランツの悲しみとか葛藤とか、感情の全てが歌に乗っかてた。
決して順風満帆ではないであろう彼女のジェンヌ人生。
トップになってないのは本当にもったいないし、なんで?と思う。
でも・・・トップになって数年後には退団になるなら専科にいてたくさんの作品に出て欲しい。出続けて欲しいと思ったりもする。

最期です。今回、私が一番驚いたのがルキーニ役の望海風斗(以下、だいもん)
いやぁ・・・上手。元々実力派ってことは重々承知です。
今まで花組さんはどちらかと言うと縁遠い組で、観る機会も少なく、リピートした記憶はほぼゼロ。何と言っても花組のオーシャンズ観てないふとどき者なのです。
そんな私にとって、だいもんは新鮮そのもの。
歌、お芝居は評判どおりの安定感。
それよりもアドリブの上手さに驚きました。瞬時にお客様を、劇場全体を自分に集中させてました。
ちょっとイッチャッテル感も抜群。彼(?)のルキーニ好き。
東宝版もそろそろルキーニ変えてくれればいいのに(爆)
この作品が花組での最後の作品。次は雪組のだいもんになるのね。楽しみです。

エリザベートやっぱり大好きな作品。
ウィーンで観たエリザベートも東宝版も宝塚版も大好き。
次は帝国劇場での観劇になるのかな(笑)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る