観劇のすゝめ 応用編

東京イボンヌ制作担当:団長こと風早です。
舞台が好き。とにかく好き。

先週、観劇のすゝめとして観劇のマナー的なことを綴ってみました。
何を思ったか「基礎編」としてしまったため、「応用編」を要求されてしまいました。
応用編・・・と言われましても。う~ん。悩ましい。
ここ最近の観劇で感じたことをツラツラと綴ってみます。
① 開演に遅れた場合・・・通路に席が近ければ何の問題もないと思います。問題は運悪く通路から席が遠かった場合です。
「すみません。すみません。」と声に出して中に入られる方がいらっしゃいます。
誠意をもって謝ってるんだと理解はできます。
でも、この場合の声は不要。むしろ邪魔。うるさいです。舞台が始まっている以上、それ以外の音は遮断したいし騒音でしかありません。
腰を低く落とし、視野を妨げによう黙って奥まで入りましょう。
② 不用意な役者批判等はやめましょう・・・先日、とある舞台で見た目は上品なおば様が宝塚を猛烈に批判していました。
「気持ち悪い」とか「歌が下手な人が多い」とか。
聞いててむちゃくちゃ嫌な気持ちになりました。
と、その時に宝塚ファンの方だったんでしょうね・・・そのおば様にすごい剣幕で食ってかかってました。
一瞬、その周辺はなんとも言えない微妙な空気。
仲間内だけの時はいいと思います。好き嫌いがあって当然。ただ公の場では行き過ぎた批判はやめましょう。
誰が聞いているか分りません。誰がいるか分りません。
③ 携帯電話は電源から切りましょう・・・小劇場は別として携帯電話の抑制装置がついている劇場が多いのでさすがに着信音が鳴り響くことは稀ですがアラーム音が鳴る恐れありますし(笑)
抑制装置がついてない劇場でのマナーモード時のバイブの音、意外と気になります。
そして、鞄の中で光る着信のお知らせもかなり気になります。
百歩譲って機内モードでお願いします。鞄の中で光っても見えないような配慮も必要です。
④ オーケストラの皆様に拍手を・・・ミュージカルを上演するのに不可欠なオーケストラ。
役者さんは出ずっぱりなわけではなく、裏で少し休憩(いや、休憩はしてないか)したりしてると思うんです。
でも、オーケストラは最初から最後まで演奏しっぱなしなんです。
もちろん休んでるパートもあると思います。
それでもやっぱり大変だと思うんです。
東宝系の舞台では全てのカーテンコールが終わってもオケの皆さんが演奏し続けてくれます。
劇中で使われたメインの曲をうまくメドレーにして。
時間が許す限り座席で聞いて下さい。そして最後は盛大な拍手を送って下さい。
私はあの時間が大好きです。指揮者の方が客席を向いて一礼してくれる、そこまでが上演時間だと思ってます。
⑤ お気に入りの演目はリピートして下さい・・・もちろん時間やお金、いろいろな柵はあります。でも、一回目観るのと、二回目観るのとでは本当に違うんです。
もちろん、あれ?初見よりインパクトないな、って肩すかし喰らうこともあります。
でも、おおかたは観方に余裕があるから新しい発見が必ずあります。そしてその演目がさらに好きになるはず。

舞台は本当にすばらしいです。皆様もぜひ劇場に足を運んでみて下さい。
東京イボンヌの次回公演は6月です。まだまだお日にちありますので是非空けておいてください。
聞くところによると「ブラームス」らしいですよ(笑)
東京イボンヌがどう表現するのか・・・どう創りあげるのか・・・ご期待下さい。

IMG_1508

※写真は大好きな街、ザルツブルクです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る