風と共に去りぬ@東京宝塚劇場

イボンヌ制作担当:団長こと風早優希です。
舞台が好き。とにかく好き。

はい。行ってまいりました。
久々の宝塚。久々の宙組。

この演目、役替わりありです。
ご贔屓の組なら当然、両パターン観る!って無理しますが・・・
今後のためにも我慢!
観た日はBパターン。
参考までに・・・役替わりの配役はこんな感じでした。

スカーレット:七海ひろき
アシュレ:朝夏まなと
ルネ:悠未ひろ(ともちん、この演目で退団なんだよなぁ。淋しい。)
スカーレットII:伶美うらら
メイベル:純矢ちとせ

風と共に去りぬ、かなり前に東宝版(だっけ?)を観たきり。
あの時はレットバトラーが祐さん(山口祐一郎)だった気がする。
なんか軽薄そうな男って印象しかない(爆)
そして物語の記憶も超あいまい(爆)
あいまいながらもスカーレットが未亡人ってところから始まったからびっくりした。
いつも思うのだが、状況説明的な台詞が多い演目はあまり好きではない。
理由は感情移入しにくいから!

さて・・・私、凰稀かなめ(以下、かなめ)がトップになってから宙組の演目を観ていなかった事実に気が付きました。
ありゃりゃな感じでした。
そんなかなめのレットバトラー、めちゃめちゃ、めちゃくちゃ、かっこよかった。
そして美しかった。
少しだけ線が細いきがしなくもないけど、でもかっこいい。かっこよすぎました。
戦火が似合いすぎます(笑)

元々、かなめは大好きなジェンヌさん。
星組の二番手だった時、トップの柚希礼音(以下、れおん君)と並ぶ姿がたまらなく好きだった。
ご贔屓の組ではないのに、かなめが星から宙へ組替えになった時はちょっと泣けた。
組替えがあって、新しい風が入って、組の色が変わっていく。
よいことなんだよ。うん。分かってる。
分かってはいるんだけど、やっぱり淋しいんだよね。
でも、かなめが宙に行かなければ礼音くんとかなめが同時にトップとしてステージに立つことはなかったわけだし。
それを考えれば幸せだし(笑)複雑やね(笑)
お芝居の感想ってより話が組替に逸れてますね。
ついでなので・・・
昨日、娘役の組替発表がありました。
花組トップの蘭寿とむの退団が決まっている今・・・当然、次のトップが明日海りお(以下、みりお)であって欲しいと切に願っています。
で、そうなると相手役は誰?と思いを巡らせます(笑)
私の予想(勝手な予想です)は月組公演「春の雪」でも相手役だったし、最近の劇団押しを見ていて咲妃みゆ(以下、みゆ)だって思ってたんだけどな。
だから、みゆが組替で月から花に行くって思ってたんだけどな。
みゆがみりおの嫁って思ってたんだけどな。
みゆ・・・組替でまさかの雪組。
で普通に「えっ?」って声に出してしまいました(笑)
電車の中宝塚歌劇やってくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る