ARASHI Live Tour 2013“LOVE”@東京ドーム

嵐

東京イボンヌ制作担当:団長こと風早優希です。
舞台が好き。とにかく好き。

普段は観劇レポをメインに綴っていますが、今日はちょっとテイストを変えてliveです。
しかもジャニーズです。嵐です。
周りが光GENJIやら少年隊、SMAPにキャーキャー言ってた若かりし頃は全く興味なかったのに・・・この年齢になってドップリはまってしまった嵐。
どこが好き、なんで好き、誰が好き、については追々(笑)

そんな嵐のLiveTour2013“LOVE”に参戦してまいりました。
8,000円のチケットがオークションで数十万円にもなるというプラチナチケット。
当選メールを受け取った時にはお恥ずかしい話、ちょっと泣いてしまいました(笑)
待ちに待ったLive当日、わくわくそわそわどきどきで東京ドームへ。
トナカイの着ぐるみ、サンタやメイドのコスプレ、AKBの衣装(なぜAKBなのか不明)っぽいグループ、などなど会場周辺はお祭り騒ぎ。
大ちゃんも「お祭りだぁぁぁぁ」って言ってるしね。

開演予定時刻ほぼピッタリに5人が現れた瞬間、会場のテンションはMAX。
悲鳴に近い(ってか完全に悲鳴です)叫び声に一瞬、怯んでしまった私と友人(笑)
それでも曲が進むと同じくキャーキャー騒いでしまいました。
新しい曲、懐かしい曲、アンコールまで入れると35曲。
ノンストップで駆け抜けた三時間。楽しかったぁぁぁ。

今回は「みんなで踊ろう嵐LOVEファンキーダンス」という新しい試みがありました。
会場の6万人が二つのブロックに分けられ、それぞれ踊りを覚えて行くんです。
踊りについてはネットで事前配信されてました。
が、これが意外と複雑なんです。
「サビの部分を少し踊るだけだろう!」と思ってたのに・・・
普通にまるまる一曲、しかもそこそこ複雑な踊りだったりしたわけです。
せっかくのプラチナチケットを手にふとどき者。反省。
それでも、なんとかかんとか(本当にやっとこさです)覚えて不格好に踊ってきました(笑)
周りが私みたいな人が多かったのは救い。周りがキレキレに踊れる人ばかりだったら絶対に顰蹙だった。
途中でウェーブがあったりもして一体感はすごかったです。
終演後は適度な疲労感と想像をはるかに超える満足感で足取り軽く帰宅。
しばらく余韻から抜け出せませんでした。

今までなかった新しい試みってやっぱり楽しいですね。
想いが同じ人が集まる空間でなら尚更。
会場に来てくれた人がHappyになれる空間。
そんな空間をイボンヌも作りたい!と思っております。
みんなで踊ってみますか???
うそです(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る