「観劇のすゝめ」第七回目

イボンヌ政策担当:団長こと風早優希です。
舞台が好き。とにかく好き。

さて「これだけは知っておきたい舞台用語ぉぉぉぉ」も気が付けば後半戦。
残りわずかとなりました。
きっと今日が最後になるかな。

ま行
間口(まぐち)・・・客席から見える舞台の幅。
マチネ・・・昼公演のこと。これに対して夜公演を「ソワレ」。
昼公演と夜公演で一日二回観劇することを「マチソワ」といいます。
私、以前はかなりの頻度でマチソワしてました。
が、意識的に減らしてます。
やはりソワレ公演になると少し集中力に欠けてしまうんです。なんかもったいない気がするんですよ。
やはり、一点集中で感動したいです。
余談ですが・・・
以前、「ミス・サイゴン」というベトナム戦争のミュージカルをマチソワしました。
しかも二日続けて(笑)
二日で同じ演目を4本観たわけです。
これはグロッキーでした。そもそも救いようがないくらい辛くて悲しい物語なんです。
泣きすぎて頭痛くなるし、魂抜けたみたいに放心状態。もう二度としません!
はい!軌道修正。
曼荼羅(まんだら)・・・舞台用語ってより落語用語かな。噺家さんが使う手拭いのこと。
またまた余談です。
実は、私、落語好きなんです。舞台観劇ほど頻度は高くないですが寄席に行きます。
ご贔屓の独演会には必ず行ってたりします。
落語好きだからというわけではないんですが、ハンカチではなく手拭い派。
手拭いっていうとちょっと古臭いイメージありますが、全くそんなことないんです。
すごくPOPな手拭いも売ってますよ。手拭いの専門店もけっこうあります。
大判なのにかさばらない、水をよく吸うし乾きも早い。手拭いオススメです。
はい軌道修正。
もぎり・・・入口でチケットの半券を切ること。または半券を切る人。
この、もぎりが下手だと入口に長蛇の列ができます。上手だと列は全くできず座席までスムーズ。

舞台用語をざっと書き綴ってきましたが少しはお役に立てたでしょうか?
や行、ら行はあまり「これっ」ってのがないので割愛させて頂きます。
長々とお付き合いありがとうございます。
時間の長い舞台をマチソワするのはオススメしませんが、東京イボンヌ公演はそこまで長くありません。
初めての観劇がマチソワってのも案外楽しいかもしれません(笑)

観劇デビューを東京イボンヌでぜひ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る