楽譜は美しい

北の国から上田哲です!

怒濤の本番月間も昨日の北海道作曲家協会のコンサートで佳境を迎え、残り2本となってきました。
どのコンサートも全く違う様相で、かなり刺激になりました。

ラストは来週の角松敏生さんのツアー。
実はこれがかなり楽しみ。
角松さんと言えば楽曲の幅広さとコアなファンが多いことで僕の中では有名なのですが、バンドをやっていた自分としてはバックバンドの豪華さ!これが楽しみで仕方ありません。
本番は歌に集中しますが、リハでミュージシャンのスーパーテクニックを凝視したいと思います。

さて、先週お話したブルックナーの合唱曲がこれ

https://www.youtube.com/watch?v=vbHKnUhdv8g

とにかく聞いてみてください。
ブルックナーの交響曲が良く言われている「難しい」というイメージは払拭されるのでは?

音が美しい…

そして楽譜も美しい…

そうなんです、美しい音楽は楽譜も美しいのです。

もし好きなクラシックの曲があったら楽譜を入手して、眺めながら聞くというのも乙ですね。
楽譜が読めなくてもある程度は追えるはず。
このYouTubeみたいに楽譜を追ってくれる映像もたまに転がってるのでオススメです。

今日はこんなところで〜
ではまた来週!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る