鳥とヴァイオリン

blog-yamashita
皆さん、こんばんは☆
お盆はいかがお過ごしの予定でしょうか?
また暑さが戻ってくるようなので、熱中症にはお気をつけて素敵な夏をお過ごし下さいね☆

さて、ブログタイトルにもありますが鳥が大好きな私は数年前まで文鳥を飼っていました。
名前はモモ。
でも実は男の子だったという…

ゲージはあるものの、基本的には放し飼いでした。
でも飼い主に似て(!?)とても賢く、行き来するのは私の部屋とキッチンのみ。
他の部屋や窓の近くには一切寄り付かず、居場所も何ヶ所か決まっていたので部屋中を汚されるということもなく、とても優秀な鳥でした。
しかも寝る時はゲージの中なので、夜9時頃になると自分でゲージの中にスポッと帰っていき、朝7時になるとゲージを飛び出し勝手にキッチンに向かいます。
嘘みたいな話ですが本当です☆
もちろん、鳥のしつけなんて出来るわけでもなく、全ていつの間にか身についていました。

そして、私が座ってヴァイオリンを練習する時は、膝の上に乗っかり団子のように丸まりながらウトウトしてるんです!
激しい曲を弾くとどうしても体も膝も揺れてしまうのですが、モモは落ちないように必死にしがみつきながらも寝ようと試みます。
また、キッチンにいる時はヴァイオリンの音が聴こえるとさえずります。
弾き続けてる間はずっとさえずってるので、一時間以上歌いっぱなしだと喉が枯れるのではないかと心配になり自分が練習をやめる(休憩する)親バカな私でした。

モモは数年前に亡くなってしまいましたが、今また違う種類の鳥を飼っています。
この子も私がヴァイオリンを弾くとずっとさえずります。

ヴァイオリンと鳥のさえずりは音域が似ているのでしょうかね〜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る