小劇場芝居って何?

_MG_0193_2

小劇場芝居って何?と聞かれることがあります。

規模が小さいから「小」劇場なの?- 確かにそんな気がする。
好き勝手出来るイメージだよね。時には客がおいてけぼりになるけど -極端な表現だけど、妙に言い得ているかもしれない。

もちろん観劇に来るお客様からすれば、小劇場芝居も新劇芝居も音楽劇・ミュージカルも、究極的には役者の肉体を通して物語を、空間を、感情を、その場に構築していく点では変わらないじゃないか、だったらまとめて「演劇」でいいじゃないかとも思うのですが、、興行や劇団としての個性を考えると、この違いはちょっと重要です。

葦田は演劇を始めた当初に在籍していた劇団は新劇系でかつ商業ベースにも乗っている劇団でした。

その劇団ははっきり小劇場と自分たちは違う、と線引きをしていて、若かった自分は上のように「どっちでもいいじゃないか」と思っていました。

ですが、その後音楽劇・ミュージカルを経由して、「小劇場」の世界に入った時、初めて「小劇場」の特徴が分かったように思いました。

「小劇場」は、まず例外なく作・演出家(時に俳優を兼ねる)が中心であり、劇団を劇団たらしめるものは、突き詰めていけば作・演出家の個性です。

他方、多くの新劇や商業演劇は翻訳物を上演することも多く、「作も演出も」外部から調達してくることがあるという意味において「企

画・俳優中心」です。(野田秀樹などの例外的な人も居ますが)

もちろん「翻訳劇を中心とし、ある種西洋文化の啓蒙的視点が強かった新劇」への反発から「小劇場」が生まれ・・という経緯を勉強すれば、なるほどそうだろうな、という違いですが、作品の作りかたが「作・演出家」中心のスタイルなのか、「企画・役者」中心なのか、という点は、興行や売り方を考える上で、1つポイントなんだろうなと思うのです。

全くの新作劇はいざ知らず、内容や構成について予測可能性が高く、団体客などを大口で取り込みやすいのは圧倒的に後者。

他方で、全く新しい切り口や表現方法を示したり、既存の表現活動(映画等も含む)が拾いきれなかったテーゼを、客が見て分かる作品に昇華し、世の中に問うような活動は、(だんだん境界線が曖昧になりつつありますが)引き続き小劇場の担う役割なのではないかと思います。

劇場が小規模か否か、という点より、作品の作り方や劇団の個性がどこから来るのか、という点において、「小劇場」芝居は、たとえ演る劇場の規模が変わっても、小劇場と定義され続けるのかもしれません。

東京イボンヌは、福島氏の脚本を上演する団体であり、福島氏の書く作品の個性が基本的には東京イボンヌを東京イボンヌたらしめているものです。

その意味では「小劇場」でありながら、他方で通好みの小さな世界に閉じこもることもしない。

小劇場の世界から、大劇場での公演に駆け上る際には、このバランス感覚を失わないようにしないといけないんだろうなと思うのです。

つまるところ、東京イボンヌでは「脚本」のファンを増やさないといけないということなのだと思うのです。

東京イボンヌの脚本は、クラシックと演劇の融合。

引き続きよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook

Sponsor

ページ上部へ戻る