読書の秋 「驚異のプレゼンテーション」

blog-tori

営業の鳥廣です。

今回はプレゼンテーションの本を御紹介します。

職業上、プレゼンテーションをパワーポイントで作成する機会が多いのですが…

ついつい、パワーポイントのフレームに箇条書きをやってしまいます。

 

聴く側からすると、プレゼンテーション資料に記載されている箇条書きを目で追いながら耳で聴くのは凄いストレス。

ビデオで撮影してみましたが、自分のプレゼンテーションがこんなにストレスだったとは!

 

取組中の資料は、15ページ、15分の制約があります。

「1フレーズ資料・1センテンス発表」に納めるように注意して作成しています。

多くの情報を分かりやすく資料に入れるために、今回は大胆に「表」と「絵」だけで作ってみることにしました。

資料を作る際、会社の先輩にすすめられたのがこの本。

「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」

既に読んだ方も多いことでしょう。

 

驚異のプレゼン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

youtubeでもジョブズのプレゼンを鑑賞できますが、シンプル&ドラマティック!

i-phoneの発表時のプレゼンは世界的に有名ですね。

 

 

ジョブズは本番前に徹底的に練習するそうです。

そう、器楽の演奏や俳優の演技と同じ。

仕事のプレゼンでも、練習不足は本番のミスや質疑応答の受け答えに影響し、失敗しますね…。

尚、妖怪ウォッチに出てくる「スティーブ・ジョーズ」という妖怪は完全にジョブズのパロディです…。

 

スティーブジョーズ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る