東京新聞に劇団東京イボンヌの記事が掲載されました

この度、12/5付の東京新聞で劇団東京イボンヌの記事が掲載されました。12/8からの公演の第10回公演「モーツァルトとマリー・アントワネット」についても書かれており、主宰福島真也が、なぜ演劇とクラシックの融合を目指したか、等も掲載されております。是非、ご覧くださいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る